今回は、借金のついて書きます。節約達人目指してがんばります。

意外と「借金」について書くの初めてなんです。というのも、結構スタンスが難しいというのがありまして、少し敬遠してました。私も未熟ですが、節約達人のためですからね^^色々わけて書いていきたいと思います。ちなみに、私もリボ払いとか、クレジットカードのキャッシングとかで、何も知らず金利が高すぎてぶっ飛びそうになったことがあります^^借金は怖い部分もありますが、味方につけて手早く完済目指しましょう!

スポンサーリンク

「良い借金」と「悪い借金」

よく本とか、他のサイトを見ると「良い借金」と「悪い借金」があるって書いてあるんです。まあ確かに正解だと思いますが、その例がいつも意味がわからないんですよねー。もちろんしっかり理解されているサイトや本もあると思いますが、その線引きが本当に大切なので、はっきりしたいと思います。今回もいつもの「投資」と言う視点でみれば解決すると思います。

間違ってる解釈のことなんですが、まず最初に、良い借金の例は「住宅ローン」って書いてあるんですよね^^;理由が、資産になるから。これは、はっきり言って間違いですね!私の基準だと借金の種類分けは、「お金を生み出す可能性がある時」は良い借金です。逆に、「生み出さない時」は悪い借金です。

もし、資産になるから良い借金という理由を正当化しようとすると、高級車、ロレックス等の高級時計、ブランド物、これらもOKって事になりませんか?確かに一時的には資産になるとは思いますが、自分で消費をしてしまうわけですから、価値が落ちていきます。例えば、500万円のベンツ買うとして、2年ほど乗ってあきたので、その車売ることにします。たぶん残りの借金全部完済できる価値はすでにないでしょう!そういうものは、全部とはいいませんが、要するに「悪い借金」寄りです。投資には入りません。無駄使いかなと思いますね。

私の同級生に結構いますが、35年フルローンとかで買った、自分が住む家も一緒です。しばらく住んで、買った以上の値段で売れるでしょうか?まず無理です。なので、まあ理想論かもしれませんが、家を買う場合の借金は、相場を考えて家を売って借金が完済できる分なら妥当だと思いますね。なので、最初に頭金がかなりいるということなんです。利子分だけの金額っていうのも本当にすごい金額になりますので、冷静に計画を立ててしっかり節約していきましょう^^

ということで、私の良い借金の例を出します。奨学金、教育資金、起業の資金、他には、上級者向けで私も無理そうでただの憧れですが、住宅やマンションでいうと、「賃貸住宅」に投資するというのは、いいと思います。これは、人に貸して、何年で完済できて、劣化とか色々な条件下でプラスになると判断できれば、これこそ資産といえると思います。それに、新しくはないですが、完済して賃貸が空いた時に自分で住んだら、ただで手に入ったようなものです。

他には、車や物の中には、全く価値が落ちないアンティーク物とか、レアな物とかで、価値が上がっていくような物は、投資といえるでしょう。が、普通の人にはそんな目利きは無理ですし、まあありえないと思いますけどね。他には、最低限必要な物なら、借金しても仕方ないと思います。

スポンサーリンク

家賃と住宅ローンは一緒じゃない。

これも難しい問題ではありますが、もしローンを組んでしまったら、常に背水の陣状態です。不安をあおるような事を言って申し訳ないんですが、安定なんていうのはないです。なので、もし収入が落ちたりしても大丈夫なようにしておかなければなりません。賃貸なら、臨機応変に対応できますが、ローンは待ってくれません。二束三文で家を売って、借金だけ残るっていうシナリオもありえますので、本当に慎重に考えてください。要するに、常に逃げ道を確保しておくか、崖を背に戦うかの大きな差があるということです。

あと、住宅ローンっていうのは、銀行はかなり儲かりますし、家やマンションを買ってくれると建設会社もかなり儲かりますので、販売側からしたら、家と住宅ローンをセットでしてくれるユーザーは鴨ねぎ状態なんですよねー。払えなそうな人には貸してくれませんしね。

あと、もう一つは「新たに借金できない」ってことです。ローン組むとたぶんさらに借金するのはかなり難しくなります。なので、起業とかする時に苦労すると思います。まあ絶対しないって方は関係ないですけどね。

まとめ

やむを得なかった借金、自分が満足したい借金、いろいろな借金があります。いずれにしても、借りてしまったお金というものはいち早く返済したいですよね。住宅ローンをすでに組んでいる方もこれからの方もうまく利用して早期完済目指しましょう!お金に追い回されてたら本当につらいです。私は、すでに住むところがあるので、住宅ローンを使用することはないですが、節約しまくって、もっとお金を貯めて好きなものを買おうと思います!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ