今回はドラッグストアーのスギ薬局について調べてみたいと思います。

ポイント
付与 還元率 還元方法 年会費 有効期限 その他
100円=1P 約0.7%~4.9% カタログで商品交換 0円 10年

※還元率は、ポイント5倍より上の日のことは考慮してません。

スポンサーリンク

ポイントシステム

このお店はポイントを現金の換わりにとか、お店の商品ではなく、カタログから交換するシステムになっています。周りの女性陣からは、すごい人気あるんです^^でも、実際本当に得なのか検証してみたいと思います。意外とポイント貯まっていて棚からぼた餅的な感じらしいです。

まず、カタログを見てみたんですが、点数自体は定価をそのまま点数に置き換えたといった感じですね。ですから、現金で購入しようと思ったら、物によっては、かなり安く手に入るので、だいたいが70%~80%の価値に相当するといった感じでした。ですから、1Pの価値は落ちて、8割ぐらいの価値になってしまうかと思います。それだと、還元率は0.8%ぐらいかなと思います。(カタログの物によって差があるので、今回は還元率0.8ぐらいベースで見てみたいと思います。)しかしながら、ポイント倍とか5倍の日に行けば(知らなかったんですが、10倍の日もあるみたいです^^;)、だいたい還元率が4%ぐらいになる日もあるという事になります。このぐらいだと、店舗ポイントとしてはかなりいいですね。

あと、アプリがあってポイントが倍の日とか、調べれるみたいです(スギともアプリ)。すごいですねー、スギ薬局^^

あと、びっくりしたのが、有効期限が10年!これはみたことない数字ですね。だから、かなり高額な商品を長年ためてGETという事が可能になるんですねー。それに、これが「スギポイントを貯めたい」と思うからくりってやつですね。

スポンサーリンク

あと、さらにさらにクレジットカードがあるみたいで、これを使うと+1Pになります。さらに、NICOSとJCBあるんですが、クレジットのポイントも1000円で1Pつくので、スギ薬局を極めたい方はこれも契約しておくといいかもしれませんね。まあ、このクレジットカードのポイントの還元率だと他の店では全く使えませんがね。

ということで、通常のスギカードとクレジットと比較してみました。

ポイント倍率 スギカード スギクレジット
通常 0.8% 1.6%
3倍 2.4% 3.2%
5倍 4.0% 4.8%

5倍の日だけしか行かないのであれば、MAX4.9%(クレジットカードポイント含む)にまでなるってことですね。これだとまあまあすごいですね。今(2014年いっぱい)は、au walletとスギカード併用の支払いの方が断然熱いですね(店舗ポイントとクレジットポイント(電子マネーポイントも)は、同じレベルでは比較できませんが・・・。)。実際の所、au walletのキャンペーンが終わっても他の還元率のいいクレジットカードを使用してスギカードとの重複ポイントを狙った方がお得という結果ですね。ポイントは無視はできないですねー。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ